キャバクラ恋愛相談室

キャバ嬢さんに恋してしまった男性の悩みを解決。キャバクラ嬢を口説く方法。すすきの体験談と恋愛論。

アイドルとキャバ嬢とディズニーランド

2017年6月17日に沖縄県内で行われた、AKB48の「49thシングル選抜総選挙」。その生中継で NMB48のメンバー須藤凛々花が総選挙で20位に入った際のスピーチで「結婚します!」と電撃発表。 おそらく選挙発表直前に交際お泊り発覚の文春砲をくらっていたため、自らが先に爆弾を投下したものと思われる。 これに対してツイッターは大荒れ、ネットが超ざわつくことに…。


この出来事について、マツコ・デラックスが6月19日のTOKYO MX「5時に夢中!」で、須藤凛々花とファンを「キャバ嬢と客」にたとえた。 「まぁ自分の応援しているキャバ嬢が、『今月ピンチなの~』って言って、『このまま私20位いないに入らないとちょっとお店でヤバいかもしれない。悪いけどちょっと、ドンペリあけてくれない?』って言って。いつもは月にドンペリ1本あけるかあけないかの男がさ、頑張って30本あけたとしますよ」 「で、『ありがと~、どうにか今月20位に入ったわ!ところで私、結婚するんだよね』て、言われているのと一緒なわけじゃない?」 うん、わかりやすいね。


というわけで色々と考えるところがあって今回のことについてグダグダと持論を述べたいと思います。 もちろんキャバクラに関係あることでね。

アイドルとキャバ嬢とディズニーランドの続きを読む

夏の店外と同伴の罠

先日、中島公園付近を車で通過する際、『あぁ、札幌祭りか…』と人でごったがえす風景を見て、もう夏が近づいてきたのだと実感するこの頃 です。


暑い季節は、ビアガーデン、BBQ、花火大会などイベントがもりだくさんの季節ですが、女子からすると、 メイクが落ちやすい、浴衣だと意外と暑いので汗しみやにおいが気になる、冷たいものを飲みたいけれど外イベントでなるべくトイレに行きたくないなどの、 心配事が沢山あるのです。暑い季節だけに、待ち時間や混雑時の移動や人ごみでイライラや疲労がピークに達してしまうことも…。 というわけで今回はこれから夏の暑い時期に店外デートや同伴などで注意すべきことについて考えてみようと思います。

夏の店外と同伴の罠の続きを読む

ススキノの遊び方

私の職場にいるT君は典型的な草食系男子。どうやら仙台にいる彼の親戚がよさこい祭りの 関係で札幌に遊びに来るらしい。ところが草食系男子でコンビニ弁当御用達の彼は飲み食いや夜の遊び関係の知識がまったくない。 「どこか美味しいものを食べさせるところに連れて行け!」と言われて困っている様子。


というわけで今回は趣向を変えて、札幌での飲食やススキノ関係でのおすすめの場所というのを紹介したい。 なお、いちいちリンクは貼らないので各自ググッてください。

ススキノの遊び方の続きを読む

ストーカー対策に関して

久々にお悩み相談がキターヽ('∀')ノ──!!
んだけど今回はちょっといつもと違うね。


---------------------------------------------------------------------------
・キャストさんの年齢:20歳(専門学生)
・あなたの年齢(世代):30歳
・何回(何年)店に通っているか?頻度:三ヶ月、6回程。
・お店の規模、種類:中規模のセクキャバ
・キャストさんのお水歴:約一年
・キャストさんの営業、仕事スタンス:フレンドリー感覚

オキニのMちゃんと出会ったのは今から三ヶ月ほど前。 Mちゃんはメイクアーティストの専門学校に通っており、学費を稼ぐために働いているそうです。 見た目の可愛さと、色恋系ではない自然なフレンドリー感覚が気に入り指名しています。 ただ、このサイトを参考にして、Mちゃんには熱くならないように接してきました。

その甲斐あってか、先日Mちゃん は私に悩み事を相談してくれました。 常連客の中に、ストーカーの一歩手前のような勘違い客がいるとのことです。 その客は、すでにMちゃんの彼氏という認識らしく、毎日意味のないラインを送りつけてきたり、ラスト時間に来店しては必ずアフターを誘ってくるそうです。 アフターを拒否すると「彼氏が家に送るのは当然」だと主張してくるそうです。 最近では、店に来ることすら拒否しだし、同伴だけを繰り返しているそうです。

「俺はMの学費を援助するために来てるだけであって客として来てるわけじゃない」というのが、その客の言い分です。 最初は普通だったそうですが、ある日、ラブレターのような手紙を渡してきて、それ以来態度が急変したらしいです。 私もその手紙を見 せてもらったのですが、男の私でもドン引きするような内容でした。 今までも店外を誘う客はいたようですが、ここまでの客は初めてらしく、この客のせいでMちゃんは最近病んできたそうです。 元々キャバ嬢資質の性格ではないだけに、かなり精神的にキツそうでした。

なので、Mちゃんは働く店を変えることを検討しているそうです。 店を変え、その客からフェードアウトしたいとのことです。 移籍を検討している店はすでに目星を付けており、私には移籍したら教えると言ってくれました。 店用ではない本名入りのプライベートの連絡先も教えてくれました。

ただ、そのことに関して、私としては少々不安なことがあります。 Mちゃんが移籍しようとしている店は、店長が嬢に手 を出すということで有名な店なのです。 たしかに大手で繁盛している店ですが、正直いって私はMちゃんにはその店に行ってほしくありません。 Mちゃんはとても可愛いので、移籍した店でもすぐに人気嬢になると思います。 だから店長にもすぐに狙われるのではないかと心配でたまりません。 この気持ちを正直にMちゃんに伝え、その店は辞めた方がいい、というアドバイスを告げるべきなのでしょうか? 移籍したい気持ちもわかるため、一応今のところは何も言っていません。 他の移籍先の候補を一緒に考えてあげる、ということも考えましたが、余計なお世話かなと思い、言い出せませんでした。 それほどまでに移籍先の店が心配です。 私 は一体どうすれば良いのでしょうか? アドバイスお願い致します。
---------------------------------------------------------------------------

ストーカー対策に関しての続きを読む

人たらしの極意

私の職場にいるT君は典型的な草食系男子で私の中ではまだまだ新人扱いなのだが、近頃、 別の部署の新人さんと一緒に仕事をしている時間が多い。だが、さすがさとり世代の若者はマイペース過ぎるらしく 『全然、報告があがってこないんで、いちいちこっちが確認しないといけないんで大変なんですよ』 とグチをこぼしていた。「それはお前も同じだろ?」と突っ込みたくなったが、『で、どう指導してんの?』 と聞いたら、定期的な報告を義務づけるように言ってあるそうなんだが、何でそこだけ発想が昭和なんだろう? 『何で報告を入れないんだ!』と怒っても、報告を入れないと怒られる⇒しょうがないから報告を入れる、という 「負の強化」は短期的には効果が出ても、結局いやいややっていることなので長期的には解決しないことが多い。


手っ取り早いのは「○曜日のこの時間に必ず二人でミーティング」と報告をルーチン化してしまうのがよいのだが、 もっとよい方法は新人さんが自主的に報告をあげるようにすることなのだ。 ビジネスでも恋愛でも「人を動かす」にはちょっとしたコツが必要。というわけで今回は「人をたらしこむ」極意を考えてみます。

人たらしの極意の続きを読む
ブックマーク
プロフィール
管理人:でか
銀座・赤坂・六本木のクラブを飲み歩くこと5年。

その後、札幌に戻り、あるオキニ嬢との出会いがきっかけで恋愛マニュアル本・恋愛心理学本を読破し、独自の恋愛論を確立。旧アメーバブログ「キャバクラ嬢を口説くための500の方法」を運営。
記事検索
QRコード
QRコード