キャバクラ恋愛相談室

キャバ嬢さんに恋してしまった男性の悩みを解決。キャバクラ嬢を口説く方法。すすきの体験談と恋愛論。

あえて若者と競わないオッサンの逆張りテクニック

Yahoo!がやってるキュレーションメディアで「ネタりか」というのがあるんだけど、こんな記事が掲載されていました。

二人の関係も冷める!男性が嫌がるデートプラン・4選

これを読んで感じたことは「いや全然俺平気、むしろ得意!」。

まあ、確かに若いときは、これらのことをするのが苦手だったかも?けれど、自分もおっさんになってあまり自己主張しなくなったとか、 周囲に合わせることに慣れてきたというか、色んなキャバ嬢さんと接していくうちに何でも出来ないとしょうがないという結論に達したので、 譲歩したり合わせたりするのは苦にならないのだ。

というわけで、若くてイケメンの男子と競うことなく、あくまで別路線でモテを目指すオッサンの逆張りテクニックを考察してみたいと思います。

あえて若者と競わないオッサンの逆張りテクニックの続きを読む

プライベートで注意すべき彼女の言動

以前のエントリー「仕事とプライベートは全然違う」での補足です。 店外で会ったり、休日にプライベートでどこかに一緒に出かけるようになると、彼女の店での態度とは違った部分がみえてきます。 というか、もし貴方がみえていないのだとしたら、ちょっとマズイか、よっぽど彼女がこんなの慣れっこベテランさんかのどっちかです。 さらに言うと、長い間指名を続けていながら、ちっとも店以外で会えないのはもっとマズイです。

プライベートで注意すべき彼女の言動の続きを読む

東京時代のお話

キャバクラじゃないんだけど、20歳ぐらいの若い女性と話す機会があって、なぜかゲームの『龍が如く』の話題になって、 何かちょっと話が噛み合わないなぁと思ったら、俺の言ってる内容ってプレステ2時代の話だった。そりゃそうだ、さすがに歳とったね。 俺の時代は『龍が如く』でキャバクラに行って出てくるホステスのモデルが麻美ゆまだったりした。懐かしい。

で、その子が『龍が如く』に出てきそうなそっち系の人に道路でぶつかって転んで、「人生、終わった…」と思ったんだけど、 意外と優しくて「大丈夫ですか?ケガはないですか?」と声をかけてくれたそうな。

そんなわけで、そっち系の人で思い出したのがK社長のことです。

またまた口説きネタじゃないけど、私の東京時代の話をします。

東京時代のお話の続きを読む

やりがい搾取と水商売

リーマンショックと震災以降の不況の影響なのか、いわゆる「ブラック企業」の話題がニュースでも取り上げられるようになりましたね。 「すき家」とか「たかの友梨」問題とか…。一方、何の雑誌で読んだか忘れたけど、近頃ではキャバクラ店にキャバ嬢を専門に派遣する会社があるらしい。 一般女性がこの会社に登録しておいて、色んな店に派遣されるというわけです。 アルバイトだからノルマなし、フルタイム勤務しなくてもいい、あくまで空いた時間や曜日で勤務できるとのこと。 店からすると求人広告などの費用も少なくなるし、時給も低く設定できるから人件費も抑えられるんですね。 そうすると、気に入った子が出来たのに結局派遣なんで、いつのまにか店に来なくなったってことも…もしくは違う店で偶然会ったりとか? そしてこういうところに登録する女性はやっぱりちょっとブラックな、あの業界からだよねという話をします。 なので今回の記事は口説きネタではありません。

やりがい搾取と水商売の続きを読む

仕事とプライベートは全然違う

さて、キャバ嬢さんとお互い意気投合し、休日に店外で会えるようになったとか、めでたくつきあえるようになったとかで、 いざプライベートで会ってみると何だかイメージが違う。「なんか思っていた彼女と違うぞ!」とマイナス面が気になりだしたりして戸惑ってしまうことは よくあります。そりゃそうです。普段は「接客中」の彼女しか見ていないのだから。 そこで仕事でのキャバ嬢さんとプライベートでの彼女は全然違うという問題について考えてみます。

仕事とプライベートは全然違うの続きを読む
ブックマーク
プロフィール
管理人:でか
銀座・赤坂・六本木のクラブを飲み歩くこと5年。

その後、札幌に戻り、あるオキニ嬢との出会いがきっかけで恋愛マニュアル本・恋愛心理学本を読破し、独自の恋愛論を確立。旧アメーバブログ「キャバクラ嬢を口説くための500の方法」を運営。
記事検索
QRコード
QRコード