キャバクラ恋愛相談室

キャバ嬢さんに恋してしまった男性の悩みを解決。キャバクラ嬢を口説く方法。すすきの体験談と恋愛論。

キャバ嬢鬼畜営業マニュアル-メール・LINE・電話編

お客さんが一番嫌う行為は「店に来い」という露骨な営業です。

直接的な表現でなくても結局内容がそういうことなら醒めます。 メールが来た瞬間は「お?」と思いますが「お店に来てね」的な内容だと百年の恋でも醒めます、げんなりします。 よく元キャバ嬢さんだったり元高級クラブホステスの方が「メールが来るとお客さんは単純に嬉しいのでどんどん送るべき」 なんて著作に書いていますが、メールが来て単純に喜ぶのは純粋無垢なお客さんかキャバ経験が未熟な人だけです。 そういう客は早めにバーストするか暴走告白しがちなので短期勝負になってしまいます。 お客さんを育てるのも仕事のひとつ。長く通ってもらえる努力が必要です。

キャバ嬢鬼畜営業マニュアル-メール・LINE・電話編の続きを読む

誘いのテクニック補完編

うーーんと
そこそこ仲良くなれたと思い、今度、飲みに誘ってみようと思ってます。彼女がOKしやすい、必殺トーク等ありましたらご教授頂けると幸いです。

ってコメントをいただきましたが、いやいや…直前のエントリー「店外デートの上手な誘い方を考える?」を見た?これを参考にしてね!で終わらせても いいんだけど、ちょっと補足してみたいと思います。 「デートの誘い方」の記事にも補足説明になるかな。

誘いのテクニック補完編の続きを読む

キャバ嬢鬼畜営業マニュアル-同伴編

お客さんは店以外で会うのが好きなので同伴自体は嫌いじゃありません。

要するにお金の問題なんです。食事代+キャバ代+同伴料(3,000円)は結構な痛手なのです。

これも以前投稿した記事の「顧客データベース」を作っておけば恐いものは何もありません。 「前回は○月中旬だったし、そろそろ同伴に誘ってもいいんじゃないかなぁ?」と判断すれば普通に誘って大丈夫です。テクニックは何も必要ありません。 お金に余裕があるならOKだし、ないならNGってだけです。 客がサラリーマンなら7月12月のボーナス時期を狙ってみればいいでしょう。

キャバ嬢鬼畜営業マニュアル-同伴編の続きを読む

キャバ嬢鬼畜営業マニュアル-営業・接客の基本編

歓楽街にキレイで可愛い子はいっぱいいますが、結局はサービス(心遣い)でしか人気は長続きしません。

テレビドラマで佐々木希がキャバ嬢役をやってますが、あれぐらいだったら何やっても黙ってても客はつくけれど…。 ガチで美人でスタイルのよいホステスさんはメディアに載るので新規がついて全然関係ないんですけどね(;^_^A 心さえ痛まなければどんな鬼畜営業でも許されるのがおっかないです。

それでも遊び慣れて、色々な店に通っているお客さんは、結局最後には一番やさしい子のところに帰ってきます。

キャバ嬢鬼畜営業マニュアル-営業・接客の基本編の続きを読む

店外デートの上手な誘い方を考える?

久々にお悩み相談がキタ──ヽ('∀')ノ──!!

-----------------------------------------------------------------------------

初めまして。キャバクラカモです 最近は、ほどほどにかわしつつ、飲みに行けるようになりました。

誰っていうわけでもないのですが、頻繁に通った嬢や数回でもノリがあった嬢とか 休日にどっかいこうよ、とか今度飲みにいこう。とか こっちからいう場合も向こうから誘ってくることもあります

社交辞令や営業込みも含め そこから先の日程を詰める段階になると決まらず流れてしまうことがおおすぎます

日程決めるまでのアプローチまで、うまい方法ありますか
ご教授お願いします

------------------------------------------------------------------------------
店外デートの上手な誘い方を考える?の続きを読む
ブックマーク
プロフィール
管理人:でか
銀座・赤坂・六本木のクラブを飲み歩くこと5年。

その後、札幌に戻り、あるオキニ嬢との出会いがきっかけで恋愛マニュアル本・恋愛心理学本を読破し、独自の恋愛論を確立。旧アメーバブログ「キャバクラ嬢を口説くための500の方法」を運営。
記事検索
QRコード
QRコード