キャバクラ恋愛相談室

キャバ嬢さんに恋してしまった男性の悩みを解決。キャバクラ嬢を口説く方法。すすきの体験談と恋愛論。

アドラーに恋愛を学ぶ

たまにゲーセンでメダルゲームなんかをするわけですが、最近の遊戯台だとサーバに繋がったコンピューター機器だったりするので、 当然故障でシステムダウンなんてこともたまにはあるわけです。そんなときは「機械だからしょうがない」と思うのですが、 突然キレて店員に怒り出す人がいるんですよ。もう少しでJACKPOTいけるんじゃないか?みたいないいところでシステムダウンしたんで気持ちは わかるけど、まあびっくりするぐらいの怒り方なんです。それを見て思いました・・・「あーこの人は女性に絶対にモテないわ」と。

突然キレて感情を抑えられないってのは、女性が最も嫌う男性のタイプのひとつ。情緒不安定ってやつです。 そんな人はアドラーの心理学の本を読んで学んでほしいな、と思うのです。

アドラーに恋愛を学ぶの続きを読む

女子とピザを分け合う週末のランチ

ひとつのものを二人でシェアして食べるというのは男女の仲を親密にさせるひとつの行為といわれています。 鍋なんかがいいのですが、ぶっちゃけまだ暑いのは勘弁というわけで、手づかみで食べられるあのとろけるチーズと生地が絡む食べ物。

というわけで、今回のキャバ嬢口説き飯は「ピザ」です。

女子とピザを分け合う週末のランチの続きを読む

店外で金を払わせる女

今回はちょっと変わったお悩み相談です。

---------------------------------------------------------------------------
ホスラブや2chなどを見ていると嬢と店外をしたという書き込みを見かけますが、彼等はこぞって有料店外な場合が多いです。
一日○万など、その値段で競って盛り上がっておりました。
ですが有料で店外するという行為は意味のあることなのでしょうか?
ここでいう意味とは有料店外から今後の恋愛(もしは友人)への発展があるかどうかということです。

私個人的な考えでは有料店外は仕事の延長のような気がして今後の発展はないように思えるのです。 このブログにも書かれておりましたが、自らお客になるような行為に思えて仕方がありません。

ですが、彼等の書き込みを見ていると店外は有料が当たり前、有料でも個人的に店外できるのは嬢に認められた奴だけなど、物凄く自慢げに語っておりました。

このような書き込みを読んでいると、そういうものなのだろうか、と少し疑念が沸いております。

私自身は今まで店外は無料に拘っておりましたが、もし有料でも発展があるのならば有料も視野に入れるべきなのかと迷っています。

ちなみに念のため補足しますが、有料店外で支払うお金とは嬢に会ってもらうための料金で、デート代とは別に払う料金のことです。 要するにレンタル彼女と同じシステムですね。

どうかご意見お願い致します。
---------------------------------------------------------------------------

店外で金を払わせる女の続きを読む

新海誠「君の名は」公開記念 「秒速5センチメートル」を再び語る

今月、新海誠の最新アニメ映画「君の名は」が公開されます。

新海誠監督は”ポスト細田守(バケモノの子、サマーウォーズ)”と称され、世界各地で作品が上映される国内外に多くの ファンを持つアニメ作家です。彼の作品の中でも「秒速5センチメートル」という作品は滅茶苦茶ドメスティック な作品でありながらも、その映像の美しさと、観た男性をトラウマにさせるような鬱エンディングで海外でも評判です。

というわけで今回は、キャバクラでドロドロになって荒んでしまった心をキレイにするためにも、 恋愛アニメ映画「秒速5センチメートル」について語ります。

新海誠「君の名は」公開記念 「秒速5センチメートル」を再び語るの続きを読む

キャバクラ依存は危険だという話

典型的な草食系男子である同僚のT君は普段からコンビニ弁当やファストフード、スナック菓子が主食にしています。 子供のころからそうだったので、身体が添加物になれてしまい『塩分』『油分』『糖分』を過剰摂取するようになったので基本的に味覚オンチです。 なので、高級和食の店なんかに連れて行っても、薄味なのでさっぱり美味しさがわからないという残念な結果になります。

さらに『ポケモンGO』にも夢中なので、マクドナルドへ通う回数も増えることでしょう。炭酸ジュースに油で揚げたポテト・・・アメリカ人かよ!彼の将来が心配です。

さて、お悩み相談の相談者の方もそうなんだけど、毎週定期的にキャバクラに通うようになったら同じように危険信号です。 刺激を追い求めすぎると日常生活の小さな幸せがわからなくなる・・・それは『依存』という病かもしれません。

キャバクラ依存は危険だという話の続きを読む
ブックマーク
プロフィール
管理人:でか
銀座・赤坂・六本木のクラブを飲み歩くこと5年。

その後、札幌に戻り、あるオキニ嬢との出会いがきっかけで恋愛マニュアル本・恋愛心理学本を読破し、独自の恋愛論を確立。旧アメーバブログ「キャバクラ嬢を口説くための500の方法」を運営。
記事検索
QRコード
QRコード