前回、男性は彼女が出来たとしても、行動や生活スタイルが変わるわけではなく、休日に会う人間が彼女だったり、 メールやLINEを入れる回数が増えるだけで、自分はまったく今までどおり変わらないと思っているが、 女性の方は、彼氏ができたら、自分の行動や生活に変化があるかもしれない期待と覚悟でつきあいを考える、と書いたんだけど、 なんだかここにお気に入りのキャバ嬢を口説けない理由のひとつがあるような気がします。

日常の自分の行動や生活スタイルを変えるというのは結構大変なことです。 彼女はアクティブなスポーツマンがタイプなのに自分は運動が苦手でまるっきりのインドア派だった場合、これは努力して彼女に合わせようとしても 無理が出てきます。だったら、自分に合った女性を探すべきだと思うのですが、そういうことをキャバクラで考えたことがあるでしょうか? たまたま席についた子を気に入って会話も弾み指名を続けたとします。そして、時は流れ「どうやったら彼女を口説けるだろうか?」と考えます。 それはいたって普通の思いなんだけど、そうじゃなくて「はたしてこの子とつきあえるとしてうまくいくのか?」なんてことを思ったことがあるでしょうか?

そもそもの指名のきっかけなんてみんな単純なものです。でも、二人の相性というのを考えたことがありますか? 今回はそんな話をします。

休日をいかに過ごすか?

仮にキャバ嬢さんとつきあうことになったとします。 彼女の勤務体系にもよるんだけど、あなたが普通のサラリーマンだった場合、平日に会えるのは深夜12時以降なので実質 会えて行動できるのは日曜日だけです。しかも、大体が昼まで寝てるので、 そこから風呂に入り、ドライヤーで髪をかわかしセットして化粧をして何を着ていくかを考え…となると、始動時間はほぼ夕方近くになります。 結構やれることが限られます。

生活時間帯が異なるというのはひとつの壁です。さらに夜の商売は夜独自のネットワークがあり、あなたの知らない彼女の世界があったりもします。 生活時間帯が一緒の人と仲良くなるという傾向です。ホストクラブ、までいかなくてもメンパブやショーパブ程度なら行ったことのあるキャバ嬢さんは結構います。 同僚のホステスさんに誘われるんです。店が終わったらすぐに自宅に帰る子を例外として、夜の商売同士でコミュニティを作っていると、そこに 一般リーマンが入っていくのは大変です。

仕事もプライベートも夜の世界どっぷりだと、どうしても休日は「化粧したくない」「寝ていたい」「休みの日にわざわざ客なんかと会いたくない」 ってパターンになりがち。すっぴんジャージ姿で犬の散歩とコンビニに行く以外は家から出てこない。

そんな女性を店外に誘うならそれなりの大義名分が必要です。言い換えると『メリット』です。食事に誘うにしてもタダ飯という利益以外の何かがないと 動かないものです。実際、ごはんを食べて酒飲むだけなら普段と何も変わらないし、すぐに飽きます。

共通の利益(ベネフィット)

ところが、お互い日本ハムファンとか、ゴルフが好きとか趣味が一致すれば『共通の利益(ベネフィット)』というのを見つけられるわけだ。 手っ取りばやくコトを進めるには二人でお互いにやれることがあるか?で判断するのがよい。

さて、それもないとしよう。それなら彼女が自分についてくる(合わせてくれる)器量があなたにあるか? ここで問われるのは『あなたについていって何かいいことあるの?』ということなのだ。 その要因は主に二つ、『基本スペック』と『動機付け』です。

『基本スペック』は「容姿、地位、お金、仕事」などの基本的な条件です。単純にイケメンでお金持ちであれば「イケメンと豪華な食事が出来て嬉しい」 というメリットが発生するからです。但し、相手が望んでいるスペックであっても、相手はそれでも満足しないかもしれない。 それが『動機付け』です。『動機付け』は「安心感、いきがい、承認」です。これらは目には見えないけれど、人を動かすのに非常に重要な要素です。 いくらイケメンであってもキレやすいとか浮気性だと、一緒に時間を過ごしても安心することが出来ません。 安心感やいきがいや承認欲求が満たされないと『基本スペック』が高くてもダメ。むしろ、『動機付け』要因が満たされれば、 多少の『基本スペック』の低さはカバー出来ます。「いっしょにいると気持ちが落ち着いて安心するし、夏はゴルフ、冬はスノーボードに連れて行ってくれてすごく楽しいし、 私のことを気遣ってくれて優しい」と思えば人は満たされる。

だから私がリサーチが重要というのも、何もないところから最初の共通点を探すという作業だけでなく、 彼女の「満たされない感情」に気づき、相手の利益を見つける協力体制に変えていけるか?ということです。 その作業の経過中に、もしかしたら自分の行動や生活スタイルを変える必要が出てくるかもしれない。だから「ありのままの自分」 を受け入れてほしいというのは私からしたら甘えでしかない。

引きづらない

そして色々やってみて、趣味も一致しない、興味も持ってくれない…と共通にやれることが何もないならば指名を切るというのもアリ。

だって最初の指名のきっかけなんて「可愛い!」ってのと酒と会話のコンボ技にやられたってだけですからね。 豪華一点主義で選んでも、じゃあ店外で会って何しようってときに盛り上がるものがなにもないんじゃどうにもならない。 一緒にいるだけであなたが楽しければいいというのでは、相手が退屈するだけです。

また、それなりの時間が経過しても単純に「客扱い」されるなら「相性が悪い」と思って撤退すべき。

例えばね、年度末ということであなたは残業続き、今日もやっぱり残業でパソコンにむかって一生懸命作業をしているときに スマホが鳴る…「いま何してるの?」とキャバ嬢さんからLINEが入る。「何してる?って仕事に決まってるじゃないか!」と怒る。 キャバ嬢さんからすれば客が来なくてお茶をひいててあまりに退屈なんでちょっとLINEを入れてみただけ。 仕事で大変なあなたの状況をまったく考えもしないというわけだ。これが、出会いの初期段階ならまだしも、結構な時間がたってこれを やられたら即撤退。

他には、指名がカブって席にあまりつかなかった時に『ごめんね今日はあんまり席につけなくて…』みたいな声かけがなかったりとか、 長く通ってる客向けの配慮がないってのは問題です。

⇒⇒⇒ 大好きなキャバ嬢を自分に惚れさせる方法
photo
口説きの教典──カリスマナンパ師“ミステリー”の恋愛メソッド (フェニックスシリーズ)
ミステリー 公家シンジ
パンローリング 2015-08-08
売り上げランキング : 18020
評価

by G-Tools , 2015/12/26