『何でお前が見積もり出してんの?』 私のなかでは、職場ではまだまだ新人のT君は典型的な草食系モテない男子である。 彼は違う部署が発注する仕事の見積書を作っていた。最終的にはこっちで管理する類のものだがT君がやる義務はない。 多分、美人の担当者に『あ、大丈夫です。僕が見積もり書くんでチェックだけしてください。』 とか調子のいいことを言ったのだろう。もしくは美人の担当者に『お願いごと』をされてついOKしちゃったかのどちらかだ。


こんな風にちょっと美人の女性に頼まれて余計な仕事を受けちゃう男子は非常に多い。けれども、女子はそんなチョロイ男のことを「カワイイ」とは思っても 「かっこいい」とは決して思わないものなのです。


男子は誰か気になる人ができると、ウキウキして楽しい気分にひたれますが、男子が考えていることというのは女子にとってはとてもわかりやすいので、 うまく利用されたり、手のひらで転がされたりするわけです。 もし、これがキャバクラなら確実にカモにされます。『そうよね、ワタシイケてる女なのよね!』とふんぞりかえります。 というわけで今回は『この男、楽勝!』とカモにされないための話をします。

下手に出ても点数は稼げない

キャバクラで出会った女の子が「可愛くて話が合った」ので指名を入れた、はいいが、それから店に頻繁に通うようになったり、 好意があるような言葉をかけたりすると、同じようにキャバ嬢さんはそんな男性客に「カワイイ」とは思っても 「かっこいい」とは決して思わないのです。むしろ、自分の客には「落ち着いてしっかりしている大人な男性」でいてもらいたいものなのです。 前者の場合は短期的な客にしかならないのでね。 仮にちょっと店が暇な状態のときに『お店がヤバイくらい超ヒマ!よかったら遊びに来て!』みたいなLINEをもらって、 そそくさと彼女のところにかけつけたりしたら、「こいつちょろい」と思われて便利に使われるだけです。 営業には毅然とした態度、すこし強気な突き放した態度を取れるくらいの男のほうが、「ああ、やっぱり仕事も忙しいみたいだし、有能な人なのね!」と かえっていい印象を与えやすいのです。キャバクラで下手に出ても何の得にもならないのです。ただ、なめられて終わりです。


やらかす男

例えば、合コンに行ったとして、女の子が5人いて中に一人だけとんでもなくカワイイ女の子がいたとします。 コンパの間、最初から最後までそのカワイイ女の子と会話するときだけ、あきらかにテンションがあがり、なのに他の女の子とはほぼお通夜状態だったりしたら、 あなたは指名制のないパブ・スナックに行くとかならず「やらかす男」です。


キャバクラは、ほぼ個人プレーでも店が成り立ちますが(本当は違うけど)、カウンターがあって、4人掛けのボックス席がいくつかあるような 指名制のないパブ・スナックでは、ホステスさん同士の連携が大事。女性の集団というのは微妙なバランスの上に成り立っているものです。 一見、仲がいいホステスさん同士でも、ちょっとした客の態度によっても、ピリピリしたりするものなのです。 例えば、一人とんでもなくカワイくてスタイルのいい新人Aさんが入ってきて、男性客がみんなチヤホヤしだすと 『□□さん、私目当てで通ってると思ってたんだけど、Aちゃんと話すとき明らかに目がキラキラ輝いてる!なんで!?』 ってことになって店でのパワーバランスが崩れだすのです。仮に、あまりの人気ぶりにかえって居心地が悪くなったAちゃんが店を 辞めることになった場合、他の子にアプローチをかけても『いやいや、あんたAちゃんに夢中だったじゃん!』と相手にされなくなるのです。 そして、「こいつちょろい」と思われるのです。


パブ・スナックではオタかチャラ男ばかりで、誰にでもわけへだてのない態度を取り、決してえこひいきをしない冷静で余裕のある男はとても少ないのです。

あえて動かない男

世の中の男子にモテる条件とは何か?と聞いたなら、
「イケメン」「金持ち」「スポーツができる」と人間の基本スペックのみをあげる男性は多いと思いますが、 女子からするとそうでもありません。確かに若いときは「イケメンで背が高くて勉強が出来て・・・」みたいなことを重要視する 傾向がみられますが、年齢を重ねたり、色んな男性と知り合ううちに表面的なことだけではなく内面を見るようになります。
イケメンばかりとつきあってきた女性も、「浮気ばかりされてきたので今度は真面目でおとなしい人の方がいい」とか 「すぐに嫉妬して怒る彼氏とつきあってたから落ち着いた大人の男性がいい」とか好みは変化していくものです。


つまり、女子には、プラス面のアピールポイントを強調するだけではなく、マイナス面な「○○をしない」という点でも評価されるのです。 特にキャバクラではクソアピールをする男性客は後を絶ちません。カワイイ女子を見て積極的なアプローチをかける勘違い野郎よりも 「余裕のある男性」の方がモテるのです。「あえて動かない」のも手段のひとつ。要するに、クソ客がやらかすことの逆張りをするのです。

  • LINEをしない。しても出勤の確認ぐらい。
  • アフターに誘わない
  • 触らない
  • 思わせぶりな好意のある言動をしない
  • プレゼントをしない
  • 外で会おうとかいわない
  • 自慢話をしない
  • 指名嬢にだけやさしくしない(ヘルプの子にもわけへだてのない態度を取る)
  • 他人の悪口をいわない
  • ウソをつかない
  • それって普通じゃない?と思われるかもしれませんが、これがなかなか出来ないんですよ、美人を目の前にすると舞い上がって思いがけないことをしちゃう。 大抵の男は、用もないのにLINEを入れて、自慢話ばかりして、すぐアフターに誘いたがり、指名嬢が席を離れると機嫌が悪くなるんですね。 モテる理由には、ファッションに気を使っていて、話題が豊富で話が面白いとかプラス面を足し算していくこともあるけど、 「女の子からイヤがられない」=安心感という部分もあるのです。実は、キャバクラではこれは重要ポイント。 しょっちゅう客から嫌なことをされているからです。


    自分はイケメンでも金持ちでもないし、アピールするものが何もない、って思ってる人も「普通」にしてれば大丈夫。 何度も書きますが、キャバ嬢さんは彼女でも友達でもありません。そういうスタンスで接していけば自然と評価は上がると思います。

    ⇒⇒⇒ 恋愛・結婚にもコツがあります。性格分析で発見。自分のカタチ。
    こうしたらウマく口説けた! (宝島SUGOI文庫)
    松平 P作
    宝島社 (2012-12-06)
    売り上げランキング: 240,152