私の職場のなかではまだまだ新人のT君は典型的な草食系男子である。普段から大人しいので他人と揉めることはあんまりないが、 仕事となるとそういうわけにもいかない。ちょっと揉めてるビジネス相手と会わないといけないことがあるが、彼には一応こんな アドバイスをしている。『揉めてる相手とは水曜日に会うな』。

というわけで今回は季節や曜日や時間などによって人間は結構左右されやすく、そのテクニックでモテるかもしれないという心理戦術の話をします。

揉めてる相手とは水曜日に会うな

アメリカの某大学の研究グループが対人関係の調査をしたところ、最も口論が多い曜日は水曜日であることがわかったそうです。

なぜ、水曜日か?というと、週の真ん中で心の緊張が解けやすいから。月曜日は週の初め・仕事初めなので緊張は高い。 ところが2、3日経つと緊張も解け、不用意な発言をしてしまうのである。なお、金曜日も明日は休みということで緊張が解けやすく、 いらない揉め事を起こしてしまうので危険である。だから、なるべくなら揉めてる相手とは水曜日に会わないほうがよい。

1年の中で最も恋愛の月といわれているのは何月?

さて問題です。1年の中で最も告白数が多い月は何月でしょう?

正解は3月です。それは勿論「卒業」や「転勤」などの別れがあるからです。また、これには更に理由もあって、仮に告白してフラれたとしても、 相手とは違う学校になったりするので気まずくなることがないからです。失敗したときのリスク回避が3月に告白が多い理由のひとつ。

実はもっと大きい理由があって「もう会えない」と思うと、急に相手が魅力的になって「会いたい」と思う心理です。 一般的に人間は普段から接している人やモノが急になくなるとは考えてはいないもの。そのため外部からの影響によってそれをなくしてしまう ようなことが起こると、かえってそれを強く得たいと思うようになる。 つまり「卒業」や「転勤」などで、もう会えなくなってしまう思うことで、それを失いたくないと考えてしまうからです。

この理論の応用というかキモはもうわかりますね。毎週毎週定期的にキャバクラに通うようなことは愚かな行為です。 普段から接していると、人はそれが当たり前だと思っています。ところが、急に姿を現さなくなると心配します。 『最近、店に来ないんだけど忙しいのかな?』『まさか病気とかじゃないよね?』 つまり、まったく店に行かない時期を作ることです。ちょうど3月は「異動」や「転勤」の前ですし、年度末で忙しいのでお店に行く のはやめときましょう。

キャバクラに行く最適な日

以前にも書きましたがついでに。 さて問題です。キャバクラに行くのに最適な日ってどんな日?

正解は2月と8月の雨の日の月曜日です。一般的に水商売は2月と8月の売り上げがよくありません。 これは正月にお金を使ってしまうので2月は余裕がなく、8月はお盆で帰省する人がが多くなるからです。 さらに水商売は週末勝負なので月曜日はそれほど人が来ない。どうせなら店がすいているほうがいいですからね。

では、なぜ雨の日か?普通、雨の日に出歩くのは気が進まないもの。そのマイナス要因を押してまで来てくれた。 人はわざわざ会いに来てくれてほしいもの。より状況が困難であるほど好意的に接してくれるはず。 滅茶苦茶に雨や風が強く『さすがに今日はお客さん少ないよね』って思っているときこそチャンスです。

実際に訪問販売では雨の日の方が売り上げが上がるそう。また、雨の日は人は感傷的になりやすく、ラブホテルの稼働率が上がる。 なので雨の日の方が落ち着いて感情的な部分に訴える話ができるかもしれない。

あなたは忙しい人

これもついでに。よくありがちなキャバクラでの会話。キャバ嬢『○○さん久しぶり!元気してた?』男性客『仕事が一段落して時間が出来たから顔を見に来たよ』

これは全然ダメダメな会話です。そうです、人はわざわざ会いに来てくれてほしいもの。暇だから店に来た、というのは全然嬉しくありません。 滅茶苦茶忙しくて大変なんだけど何とか時間を作って会いに来たよ!って方が遥かに嬉しい。 そして、この手を使うには、あなたは常に忙しい人である必要があります。間違っても店の開店直後になんて行ってはいけません。 スマホのスケジュール帳は常に予定でぎっしりです(嘘でも)。その方が、『あーやっぱり優秀な人なのね』と思われます。 わざわざ時間を作って会いに来てくれた、って思われる方が絶対得です。

女性は出会いの場で、恋愛に発展する可能性のアリナシを『この男は自分を幸せにできる器か?』というジャッジを行っています。 なのでいつも暇を持て余しているような男は論外なのです。さらに言うと、人は何かを得られない相手とは関わらないものです。 ビジネスでも何か得するようなことがないと相手とは時間を割きたくないもの。だから常に行動している忙しい男にしか興味がいかない。 この人と関わることによって何かしらの利益があると考えるから会いたいと思う。

忙しいアピールはウザいですが、女性の誘いに常にいいよ!ではいけません。「その日は予定が入っているんだよね」とたまに断ることも大切です。

⇒⇒⇒ ★大好きなキャバ嬢を自分に惚れさせる方法
photo
モテる男の即効フレーズ 女性心理カウンセラーが教える (講談社+α文庫)
塚越 友子
講談社 2015-04-20
売り上げランキング : 25543
評価

by G-Tools , 2018/06/30