ブログの更新が久々ですが生きております。ただ、滅茶苦茶忙しいのとネタがないのとでさぼってました。

かといって面白い口説きネタがあるかというとそうでもないのですが、最近どうも似たようなボッタクリ被害が ガールズバーで起きている模様です。すすきのでもなぜか未成年が客引き行為で逮捕される事件がありました。 というわけで今回は新手のボッタクリに注意というお話です。

相席居酒屋での話

先日、立ち飲み屋で一杯飲んでいたときの話です。隣で呑んでいる男性二人組の話を盗み聞きしていると、どうやら相席屋で 呑んでいたときに一緒になった女性たちに騙されたらしい様子。

夜10時頃、相席屋で一緒になった女性達に「これから外で飲みに行こうよ」と誘われ、知り合いの女性が働いているといって ガールズバーに連れて行かれたそうな。「1時間飲み放題で3000円!」 そこで次から次と女の子が席について「一杯いいですか?」とドリンクをねだられる。 一応一杯千円の説明はある。だが時間がきても「延長します?」も言われず勝手に延長になる。 すると何だかんだで数万円の請求をされることに。

話が違う!と言っても、時間延長したし、ドリンクをごちそうしたのも事実。酔っているし、 払えない金額でもないので、クレジットカードやコンビニのATMで現金を卸して払ってしまう。

知らない店に行ってはいけない

最近、横行しているのは、微妙に払えなくもない金額を請求するケースです。

客引きに「90分飲み放題で7,000円」と言われキャバクラに入店する。 ところが、飲み放題とは別に、店のキャバ嬢たちも数杯ずつドリンクを飲むことに。キャバ嬢のドリンク代を想定していなかったのは痛いが、 この時点で会計はせいぜい2万円以下だと想定していたという。 しかし、その請求額は90分滞在でまさかの67,000円。明細には、キャバ嬢らが2,000円のドリンクを30杯も飲んだ記載になっていた。

勿論、30杯もキャバ嬢は飲んではいないのだが、それを証明する方法は客にはない。結局、色々と揉めようが払ってしまうハメになる。

客引きとか知らない女性に声をかけられて、知らない店に行ってはいけないのは常識です。 警察なんてあてにはなりません。キャバクラだけでなく、これからの忘年会シーズンでもたびたび声があがる客引きでのトラブル。 「高いチャージ料を取られた」とか「謎のサービス料金を取られた」とかは結構ある話です。

大体、夜の飲食店での適切な値段設定なんて、あってないようなものです。 ボトル代、ホステスさんのドリンク代、TAX、サービス料、チャージ料…全部店の都合ですから。

まず、客引きに声をかけられても無視しましょう。また、ホームページを開設していない店に行くのは危険極まりない行為です。 酔っ払って、つい知らない店に興味本位で入るのも危険ですから絶対やめましょう。

⇒⇒⇒ ★元キャバ嬢が伝える!~97.8%の女性が女心を刺激され、恋愛対象として意識してしまう恋愛会話術
メンタリズムで相手の心を97%見抜く、操る!  ズルい恋愛心理術
Posted at 2018.11.15
ロミオ・ロドリゲスJr.
SBクリエイティブ