キャバクラ恋愛相談室

キャバ嬢さんに恋してしまった男性の悩みを解決。キャバクラ嬢を口説く方法。すすきの体験談と恋愛論。

口説く方法-初期段階

キャバクラに行く前に読んでおくべき本

『Web本棚』のサービスが終了していた模様で、「キャバクラに行く前に読んでおくべき本」のコーナーが死亡というわけで、 ここで復活させておきます。実は「心理学関係の恋愛指南本を全部読め!」という乱暴な言い方も出来るし、昔の 私は、世の中に存在する全ての心理学関係の恋愛指南本+恋愛マニュアルを読破したんだけど、ここでは「本」として面白かった ものをオススメしときます。ちなみに現役キャバ嬢やホストが書いたものほど使えないと思ったのは、 俯瞰的に自分たちを捉えることが出来ていない自分達に都合のいい理論だからと思う。

続きを読む

カモにされないために

『何でお前が見積もり出してんの?』 私のなかでは、職場ではまだまだ新人のT君は典型的な草食系モテない男子である。 彼は違う部署が発注する仕事の見積書を作っていた。最終的にはこっちで管理する類のものだがT君がやる義務はない。 多分、美人の担当者に『あ、大丈夫です。僕が見積もり書くんでチェックだけしてください。』 とか調子のいいことを言ったのだろう。もしくは美人の担当者に『お願いごと』をされてついOKしちゃったかのどちらかだ。


こんな風にちょっと美人の女性に頼まれて余計な仕事を受けちゃう男子は非常に多い。けれども、女子はそんなチョロイ男のことを「カワイイ」とは思っても 「かっこいい」とは決して思わないものなのです。


男子は誰か気になる人ができると、ウキウキして楽しい気分にひたれますが、男子が考えていることというのは女子にとってはとてもわかりやすいので、 うまく利用されたり、手のひらで転がされたりするわけです。 もし、これがキャバクラなら確実にカモにされます。『そうよね、ワタシイケてる女なのよね!』とふんぞりかえります。 というわけで今回は『この男、楽勝!』とカモにされないための話をします。

続きを読む

キャバクラ初心者がやりがちなこと

私のなかでは、職場ではまだまだ新人のT君は典型的な草食系モテない男子である。 T君『Excel表出来ました』俺『OK!じゃあ科目毎に集計してみて!』・・・遅い・・・T君『出来ました!』 俺『いや、何で同じシート上でやるねん!普通、別シート作ってピボットテーブルで集計するだろ?これだと行や列が変わる度に 計算式変わるじゃん!』エクセル初心者かよ?


というわけで今回は半ば強引にキャバクラ初心者がやりがちなことについて考えてみたいと思います。 キャバ嬢さんは男性客に対しても配慮、気遣い、優しさを求めているのですが、そんなことに気づかないデキないオトコ は結構いるのです。

続きを読む

キャバクラで話題にしてはいけない話

あんまりネタもないんで本日は小ネタです。とあることがネットで話題となりました。

というわけで、今回はキャバクラでしちゃいけない話のネタについて語ります。

続きを読む

キャバ嬢を口説くということ

前回、男性は彼女が出来たとしても、行動や生活スタイルが変わるわけではなく、休日に会う人間が彼女だったり、 メールやLINEを入れる回数が増えるだけで、自分はまったく今までどおり変わらないと思っているが、 女性の方は、彼氏ができたら、自分の行動や生活に変化があるかもしれない期待と覚悟でつきあいを考える、と書いたんだけど、 なんだかここにお気に入りのキャバ嬢を口説けない理由のひとつがあるような気がします。

日常の自分の行動や生活スタイルを変えるというのは結構大変なことです。 彼女はアクティブなスポーツマンがタイプなのに自分は運動が苦手でまるっきりのインドア派だった場合、これは努力して彼女に合わせようとしても 無理が出てきます。だったら、自分に合った女性を探すべきだと思うのですが、そういうことをキャバクラで考えたことがあるでしょうか? たまたま席についた子を気に入って会話も弾み指名を続けたとします。そして、時は流れ「どうやったら彼女を口説けるだろうか?」と考えます。 それはいたって普通の思いなんだけど、そうじゃなくて「はたしてこの子とつきあえるとしてうまくいくのか?」なんてことを思ったことがあるでしょうか?

そもそもの指名のきっかけなんてみんな単純なものです。でも、二人の相性というのを考えたことがありますか? 今回はそんな話をします。

続きを読む
ブックマーク
プロフィール
管理人:でか
銀座・赤坂・六本木のクラブを飲み歩くこと5年。

その後、札幌に戻り、あるオキニ嬢との出会いがきっかけで恋愛マニュアル本・恋愛心理学本を読破し、独自の恋愛論を確立。旧アメーバブログ「キャバクラ嬢を口説くための500の方法」を運営。
記事検索
QRコード
QRコード