キャバクラ恋愛相談室

キャバ嬢さんに恋してしまった男性の悩みを解決。キャバクラ嬢を口説く方法。すすきの体験談と恋愛論。

恋愛論

カリスマのススメ

私のなかでは、職場ではまだまだ新人のT君は典型的な草食系モテない男子である。 彼はいつも腰が低く礼儀正しい青年ではあるのだが、そこはへりくだらなくてもいい場面でもついつい「すいません」とペコペコと頭を下げてしまう。 これはあまりよくない。要するに他人からなめられるのだ。すると途端に足元を見られる。これではビジネスや人間関係でも結局は損してしまうことになる。 態度や会話ひとつで相手をうならせ、感心させ、楽しませることで 相手を自分の味方にすることもできるのに。


アニメ『PSYCHO-PASS』での大学教授 雑賀譲二のセリフ
『カリスマ性には3つの要素がある。英雄的預言者的資質・一緒にいて気持ちがよいというシンプルな空間演出能力・あらゆることを雄弁に語るための知性』 まるでヒトラーのようだが、彼に少しでも近づくことが出来れば相手を魅了するモテ男になれるだろう。ということで今回はカリスマ とまでは言わないが、自分の価値を高める方法について考察します。

続きを読む

女性との会話でやらかしがちな過ち

私のなかでは、職場ではまだまだ新人のT君は典型的な草食系モテない男子である。 職場で忘年会や新年会の類は一切やらないのだが、どういうわけだが他部署の人間と飲み会のような感じになって、 なぜかその仕切りをT君がやっていた。いったいどうした?と思いきや、T君は他部署の美人さんと親しく話しをしていた。 草食系じゃなかったのか!?ところが、やはり女性に慣れていない彼は、しょっぱなから自分の経歴や家族のこととか、どこに住んでるとか プライベートなことをベラベラと喋り捲り始めたのである。


ほぼ、初対面の女性と一緒になった飲み会の席で、プライベートなことを喋りすぎるのもどうかと思う、お見合いじゃないんだから。 単純にその場の雰囲気で「この唐揚げ結構いけますね」とか「今日は結構仕事大変でしたね」とか身近な話題から入って、聞かれたことだけ喋ればいいのに。 それに最初からあまりに情報を出しすぎると『う、こいつ小物だ』と思われる。というわけで今回は、女性とのファーストコンタクトの会話でついついやらかしてしまう過ちについて考察します。

続きを読む

女性が出す"OK"サインを見逃さない

前回、『キャバ嬢とつきあえた』という仮定の話をしましたが、キャバ嬢さんとある程度仲がよくなって普通に店外で食事をしたり、 休日に趣味につきあったりスポーツ観戦などをしたり、なんとなく親しくなれた感じはするんだけど、 自分ばかりが熱心な感じで彼女の気持ちがいまいちわからない・・・あくまで営業の一環なのか?どうやって相手の気持ちを確かめればいいのか?と悩んでしまうことはよくあります。


彼女の心のドアが開いているのに勇気を持って中に入っていけばいいのに、いつまでも玄関前でモジモジしていると、 彼女の心が冷めてしまうこともあるのです。彼女だって、自分が好意のあることをアピールしているつもりでいるのに 「これ以上は恥ずかしくてできない」と思っていて、お互いが歩み寄ることなくダラダラとぬるい時間だけが経過していくってこともなくはないのです。


というわけで今回は、女性が男性に好意をもったときの見極め方について考察します。

続きを読む

キャバ嬢とつきあえた・・・その後

先日、冬物のコートを買いに「ZARA」へ行ったんだけど、そこで奥さんと子供(?)を連れた元すすきのの某パブ・スナックの黒服さんを目撃した。 彼は某パブ・スナックの黒服を辞めた後、居酒屋で働くようになったのだが、その頃から実は仕事仲間であったパブ・スナックのホステスさんの 一人とつきあい始めた。その後、二人は結婚して幸せな家庭を築いた・・・とはならず、1年もたたないうちに離婚した。その後のことは知らない。 多分、連れている女性は再婚した相手なのだろう。 実は水商売の人間と交際するとなると色々と面倒くさいことが起きたり、障害も多い。


恋愛関係に発展したひとつの男女がいたとして、最初の頃は 楽しく、ラブラブな関係が始まるわけなのですが、ここで決定的に男女の考え方の違いが発生していることにほとんどの男性は気付いていません。 世の中に出回っている数ある多くの恋愛指南マニュアル本でも「どうやって女性を口説くか?」は書いてあるけれど 「どうやって恋愛関係を維持するか?」はなぜか書かれていない。 つまり、ほとんどの男性が、「この子が彼女になってくれた」と、すっかり安心して、彼女を自分の身内のように考えてその立場にドッカリとあぐらをかいてしまうのです。


けれど女性は違います。『私にはスタートだったの、あなたにはゴールでも♪』by J-walk 女性は恋が始まったら、あらためて気を引き締めて、 「あんなことがしたい」「こうしてくれるといいな」みたいな 二人の関係をよくするためのプランや願望のような未来予想図的なものが発生します。 『二人で描いた未来予想図が思ったとおりにかなえられてく~♪』みたいなことを女性は考えるのです。 このスタート時点での男女の考え方の違いが、後々になって2人の関係をギクシャクさせてしまうことになるのです。

続きを読む

モテるための会話力

私の職場にいるT君は典型的な草食系男子なのだが、顧客への挨拶とか、資料の説明とかプレゼンとか、 とにかくインパクト薄すぎで、一言で言うと会話ベタである。そっちまでおとなしくなる必要は全然ないのだが 、印象が薄すぎるせいか、まあ目立たない。車も軽自動車でファッションもユニクロなのですべて軽すぎるというか・・・ もう少し会話力というのを身につければビジネスでも恋愛でも、もう少しうまくいくと思うんだけど。 というわけで、今回はモテるための会話力というのを考えます。

続きを読む
ブックマーク
プロフィール
管理人:でか
銀座・赤坂・六本木のクラブを飲み歩くこと5年。

その後、札幌に戻り、あるオキニ嬢との出会いがきっかけで恋愛マニュアル本・恋愛心理学本を読破し、独自の恋愛論を確立。旧アメーバブログ「キャバクラ嬢を口説くための500の方法」を運営。
記事検索
QRコード
QRコード