キャバクラ恋愛相談室

キャバ嬢さんに恋してしまった男性の悩みを解決。キャバクラ嬢を口説く方法。すすきの体験談と恋愛論。

すすきのコラム

ススキノの遊び方

私の職場にいるT君は典型的な草食系男子。どうやら仙台にいる彼の親戚がよさこい祭りの 関係で札幌に遊びに来るらしい。ところが草食系男子でコンビニ弁当御用達の彼は飲み食いや夜の遊び関係の知識がまったくない。 「どこか美味しいものを食べさせるところに連れて行け!」と言われて困っている様子。


というわけで今回は趣向を変えて、札幌での飲食やススキノ関係でのおすすめの場所というのを紹介したい。 なお、いちいちリンクは貼らないので各自ググッてください。

続きを読む

スナックのススメ

前回、『お客さんとしては好きだけど男性としてはちょっと…』みたいな複雑な感情がキャバ嬢さんにはある、という書き方をしましたが、 基本的にビジネス(仕事)として男性客に接している期間が長ければ長いほどそういう傾向が強くなります。 お客さん=異性としての男性の乖離が激しくなっていくんですね。ビジネス(仕事)として接していると異性を感じなくなってくる、というか そうしないと数をこなせない。要するにプロになるにしたがって口説けないということです。


「彼女をみつけにキャバクラに行く」というのは、コストの面でこれほど非効率なものはないので決してオススメしません。 彼女を作るなら、合コンに出まくったり、女性が集まるサークルに加入するとかした方がいいと思うのですが、 キャバクラよりはパブ・スナックの方が可能性は高いというお話をします。まあ夜遊びの始めとしても、いきなり散財しなくてすむという利点もあります。 なお、ここでいうスナックとは20代の女性ホステスさんが常時10人以上出勤しているようなパブ・スナックとします。

続きを読む

クリスマスなんて知らない

さて、ネタもあんまりないんで今回はクリスマスのお話です。というのもこの時期になると『キャバクラ クリスマス』って単語でGoogleで ヒットする確率が高くなるからです。いやいや、そんなに大事なイベントですかね?

続きを読む

その女、危険につき

私のなかでは、職場ではまだまだ新人のT君は典型的な草食系モテない男子である。 T君『□□の●●さんって美人ですよね!』俺『・・・』草食系のクセに好みだけははっきりと言う謎発言にもびっくりするが、 本当にモテない男子は女性を見る目がない。彼女は上には尻尾を振るが自分より下の人間を見下す典型的な権力志向タイプ。 特定の群れを作って自分たち以外のライフスタイルを認めない嫌な奴。そういう女だ。


どういうわけだか、モテない男子は豪華一点主義で美人やスタイルがいいというだけで、好みのタイプの容姿を持った女の子に出会えると、 性格のことなどが目に入らなくなってしまうのかが不思議です。 世の中には付き合うと、自分ばかりか付き合う相手をダメにしてしまい、あなたがやせてやつれて、借金を抱えたりする、悲惨な男になってしまう ような危険な女性がいるのです。 口説くのが難しいキャバ嬢さんの話を以前しましたが、今回は決して手を出してはいけない危険な女性に ついて考えていきたいと思います。

続きを読む

すすきのと女性の貧困

すすきのに飲みに行くことがまるっきりなくなった現在ではあるが、そこを通ることがなくなったわけではない。 買い物などで自宅から街中の繁華街へと最短ルートを通るなら、どうしたって周辺を通過することになる。 実は、なぜかこのルートの周辺に昔のオキニさんたちが何人も住んでいたのだが、もう会うことはない・・・と思っていたら 意外な女性とすれ違った。まちがいないアヤカ(仮名)だ。出会った頃、彼女は17歳だったが、今は30代半ばのはずだ。 すすきのを歩いている女性が、それが仕事なのか遊びできているのか?は服装と歩き方でわかる。まさにこれから仕事に 向かう歩き方だ。30代半ばで生きていくには、あまりいい条件は残されていないのだが・・・。

水商売や風俗が女性の貧困のセーフティネットとなっている、と以前に書いたが、まさに彼女もそうだった。 というわけで今回は口説きネタはおやすみ。貧困問題について考えます。

続きを読む
ブックマーク
プロフィール
管理人:でか
銀座・赤坂・六本木のクラブを飲み歩くこと5年。

その後、札幌に戻り、あるオキニ嬢との出会いがきっかけで恋愛マニュアル本・恋愛心理学本を読破し、独自の恋愛論を確立。旧アメーバブログ「キャバクラ嬢を口説くための500の方法」を運営。
記事検索
QRコード
QRコード